Page for the Busman’s Holiday

 

若かりし頃の傍若無人な曲を集めた『Busman’s Holiday』。

その頃聴いていた音楽に影響された、気恥ずかしくも瑞々しい粒ぞろいのポップス。

最初の最初に録音した曲はなんだったでしょう。。?(歳なので忘れました)

 

最初の頃は、ビートルズの楽譜を渡され、その場で曲を繰り返し聴いて覚えた後、セッション(?)を何度かして終了という感じでした。その中に♩Here, there and everywhereがあり、それはゆっくりした曲で、元々知っている曲だったのでやりやすかったです。でも男の人の曲のせいか、音域が広くて難しかった。練習した後は何日もその曲が頭の中で繰り返され、しばらくはもう聴きたくないという気持ちに(ならざるを得ない)。。

 

さて、最初にちゃんと曲になっていったものは♩Knock(『椋鳥ロビン』収録)だったように思います。思い返してみれば、あの曲の最初の始まりのメロディは、♩Here, there and〜に似てるかも。こんな風にいろんな曲や人に影響されながら、土壌にまかれた種が芽を出すのですね。

次あたりが、T_O_L_BかLemon&Orangeだつたような。

 

ナガシマケイジ君による「Busman’s Holidayの解説」です。

お楽しみください☆

 → explaning_BMHD

 

Busman’s Holiday lyrics

→ BMHD_SB

コメント (1件)

  1. わーい!歌詞だ!
    解説まで付いてるとは・・・!なんと良心的な。製作の裏話大好きです。
    ジャケットの写真、てっきり外国かと思ったら・・・日本ですか!?(海外在住で釣りしてた可能性も・・・?)
    色合いも綺麗で、道の奥へ歩いて行きたくなるような素敵な写真でした。

    Busman’s Holidayを聴きながら、これからの活動も楽しみにしています!

    • Local Bus Official

      田舎はどこも似ている。。(失礼)
      ありがとうございます^^v

  2. 歌詞、解説共に楽しませていただいています。
    昨年末ライブでアンケート用紙に
    Busman’s Holiday再発お願いします~、Jeffまた公開してください~と、
    もはや嘆願書というレベルで陳情してしまったのですが
    早くも願望叶ってうれしい限りです。ありがとうございます!

    • Local Bus Official

      ありがとうございます。
      こちらこそ嘆願書ありがとうございました。
      そんなあなたは今年当たり年かも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*