A road to MOVEMENT

Movement

 

If you are in a movement

so you are in a motion

 

「テーマはホ・ト・ケ☆?!」

2012年の某月、Local Busのながしまけいじと野見山睦未、MUSEMENTの矢部浩志さんとÅ(オングストローム)の森有史さんで開かれた顔合わせの会は、新宿の手羽先を食べる庶民的なお店で始まった。

東京在住のメンズ3人はすでに顔を見しっていたが、地方在住のわたし(野見山)は森さん(以後、森くん)とは初対面のためちょっと緊張気味。しかし森くんの屈託ない様子から、音楽好きの好青年と言うのがすぐに見て取れ、ほっとして不用心にビールの杯を重ねたのだった(飲み過ぎた)。

 

「よ、誉め上手!」

さて、森くんはÅのドラマー&ヴォーカル担当ですが、自身でソングライティングもやるということで、矢部浩志さん(以後、矢部さん)のドラミングやソングライティングに憧れを持っていました。myspaceなどをかいして矢部さんとついに出会い、2012年年末のLocal Busライブ(矢部さんと棚谷祐一さんのサポートによる)を矢部さん目当て見にきてくれたのでしたが、そんな縁からLocal Busとも知り合いとなり、このような手羽先のお店での顔合わせとなったわけです。

 

森くんは、矢部さんに出会えたことで夢が1つ叶ったそうです。そして、Local Busにも出会えてまた夢が叶った気分というようなことを言ってくれました。ありがたいですね。いつか一緒に音楽がやれたらうれしい、という話をふってくれます。さて、Local Busといえば、こんな時「ぜひやろう!ありがとう!」なんてノリノリヤッホーになれないことで有名(?)です。「だといいですね〜」なんて穏やかに答えつつ、心の中では「むふふやったね。」と思っていたのでした。

 

さて、なぜそんな話になったのでしょう。現在興味のあること話になったのでしょうか。ながしまけいじくん(以後、けいじくん)が五木寛之著「親鸞」について熱く語り始めました。詳しい内容は忘れましたが、親鸞の説いた信仰の道などについて話していたと思います。

つづく・・・

 

ざっと端折っていいですか?

森くんのプッシュもあり、重い腰を上げたわたしたちでしたが、やはり久しぶりの音楽制作、いろいろと難航します。

数あるnomidemoを聞き返したりしましたが、どうにも地味です。久しぶりの音源発表ですし、はっきりとしたシングルっぽい曲が良いのではという気持ちが高まってきました。そこで急上昇したのが「MOVEMENT」でした。この曲は、デビューシングル「ansa-」と同時期にシングル候補で制作していたもので、一応録音まで済ませたものでしたが、「ansa-」がシングルとなった後、日の目を見ずに眠りつづけていた曲でした。

 

「もう若くない。。」

「MOVEMENT」は20代半ばの作品で、Local Busにしてはやる気のある曲でした。あの頃のような勢いでもって完成させる気力が果たして私たちにあるか?? という懸念、怖じ気がありました。でも年をとったからこそのリアルな感覚(あまり無い)で「MOVEMENT」に向かうことで、以前録音したのとはまた全然違った面白い曲に出会えるのではないかと言う思惑もありました。そして、恥ずかしげも無くこのシングルっぽい曲を完成できた暁には、消極的なLocal Busだって、どこか前傾姿勢になれるのではないかという期待が。。。

 

さて、様々なサポートにより音が完成していく中、他にもやらなければならないことがありました。CDやジャケットデザインです。ジャケットについては、以前からお世話になっているイラストレーターの橘春香さんにイラストをお願いしていました。まだデモ状態の音源を渡し、いろいろのイメージを伝えて共通イメージを高めていかなければなりません。でも「MOVEMENT」ってどういうイメージでしょう? 一瞬の躍動する動き? シュプレヒコール?いえいえ違います。曲調はロック調でやる気がありそうですが、本当はもっと静的で慎重なところがあるのです。

 

そして、ホ・ト・ケ ☆

 

あの手羽先の会後、音源制作を始めるならば、某かのテーマがある方が良いのではないか、なにがいいですか??というメッセージのやり取りをしていたのですが、あの親鸞愛読のけいじくんから「テーマは、ホ・ト・ケ ☆」という希有なメッセージをもらっていのでした。それはまさにありがたいホトケのお導き?だったのですね。。。

 

そしてホトケに思いを馳せること数日。。ホトケの悟りの瞬間、そのMOVEMENTとは、非常に静かで表からは何の変化も見られないような状態なのではないかと。たとえば内ではすごい熱量と躍動が繰り広げられているのに、表層に現れるのは、ほんの少し歩みを止めるだけ、つむっていた目を開けるだけ、首に蝿が停まるだけ、というような。。。そして出来上がったのが、MOVEMENTのイラストです。橘さんの描いた黒い揺れ動きの先には、ありがたいホトケの姿を拝むことが出来ます。う〜、なんだか悟りを促されているよう。

 

音については何ら触れていませんね。済みません。その辺りはどなたか詳しい方にお願いしてみましょう。

他に、「It’s fantastic place」「月をくれろと鳴く子かな」を収録。

Thank you

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*